三井住友銀行カードローンの審査申し込みをする前に、基本となる条件を確認しましょう。

ネットで申し込みが可能

頼れるカードローンの三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座をお持ちで無い方も、近くに店舗窓口が無い方でも、来店不要でネットでカードローンの申し込みができます。パソコンでもスマホでもどちらでも手続きが可能で、お金が必要になったときにすぐに申し込みができます。

ネットでの申し込み後の契約手続きは主に二通りから選べ、急ぎでお金が必要で近くに店舗内などに設置のローン契約機がある場合には、平日だけでなく土日であっても最短即日融資も可能です。ローン契約機がない場合には郵送での契約となるので日数がかかってしまいますが、その代わりに契約も来店不要で進められます。

ローン契約機は三井住友銀行の店舗内にも設置がされているので、銀行に人が少なくなる夕方の時間帯などで利用をすれば、契約機に入るところを誰かに見られてしまう可能性が下げられます。もちろん中の様子は外からは分からないため、なるべく知られたくないカードローン契約も問題なく進められます。

  • ローン契約機を利用する場合

ネット申し込み後にローン契約機を使う契約手続きは、曜日を問わずに対応可能時間内であれば最短即日の利用開始も可能となる点が大きな魅力です。急な出費にも便利な手続きの進め方となるので、近くにローン契約機があり、急ぎでお金が必要であれば、ネット申し込み後のローン契約機の利用を進めてみましょう。

  • 郵送契約を利用する場合

ネット申し込み後に郵送での契約を進める手続きは、来店不要となるためにローン契約機まで行く必要が無いのが利点です。ローン契約機の設置が近くに無い地域の方も、足を運ぶのが嫌な方でも契約が進められるのは良いのですが、初回の借り入れまでに郵送の手間や日数がかかってしまう点が欠点となります。

申し込みと利用の条件

三井住友銀行カードローンの利用条件

三井住友銀行カードローンの申し込みは、一定の条件を満たした方が進められます。申し込み後の審査は保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が中心となって行い、利用条件をクリアすれば借り入れが可能となります。

審査の詳しい条件については明らかにされていないので、まずは基本となる申し込み条件を満たせるかを確認してから申し込みを検討してください。

三井住友銀行カードローンの申し込み条件

  • 申し込み時に満20歳以上69歳以下
  • 原則として安定した収入がある
  • 事業性資金としての利用ではない

上記に加え、保証会社の保証が受けられることが利用のための条件となります。

年齢や収入に関する条件については詳しくは説明するまでもないですが、重要となるのが申し込み後の利用のための条件となる「保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられる方」です。

年齢や収入、利用目的の条件は申し込みをするため、申し込み後の利用をするためには保証会社の保証を受けることが条件となります。保証会社の保証となると難しく聞こえるかもしれませんが、単純に言えば保証会社が定める審査基準をクリアできることを指します。

銀行のカードローンは担保や保証人を不要とする代わりに、保証会社による審査を通過しないと借り入れができません。審査に通過ができるかは保証会社が行う審査内容にかかっているため、申し込み前にはいくつか気をつけておきたい点があるのです。

申し込み前の注意点

三井住友銀行カードローンの申し込みをする前には、以下の点には注意をしておきましょう。上に挙げた申し込みの条件を満たしていても、以下の何れかに該当をする場合には借り入れが難しくなります。

申し込み時の注意点

  • 他社の借り入れが多すぎる
  • 他社の返済が正常に行えていない
  • 何社も同時に申し込みをしている
  • 直近で複数のカードローン審査に落ちている
  • 過去に返済に関するトラブルを起こした

それぞれ利用条件に書かれている内容ではありませんが、どのカードローンでも基本となる注意点です。

カードローンは申し込みをした後の審査に通らなければなりませんが、どのカードローンサービスでも明確な審査基準は明らかにしていません。しかし、上に挙げたような注意点に該当をする方は、各サービスの審査基準を満たせるか以前に利用が難しくなります。

特に三井住友銀行カードローンのような大手のメガバンクのカードローンの場合には、各項目をしっかりと見ています。何社も借りているような状況の方、返済ができていない方、どうしても借りたいからと何社も同時に申し込みをしているような方は、借りることはまずできないと考えておくべきです。

その他、過去に借り入れに関するトラブルを起こしている方も、大手のカードローンでは利用が難しいです。申し込みや利用の状況の他に、一定期間は過去のトラブルの履歴も信用情報機関には記録がされているので、保証会社による審査でしっかりと見られているのです。

審査通過のコツといったものはありませんが、余計な申し込みは自身の信用を落としてしまうだけなので、三井住友銀行カードローンを利用したい方は、他カードローンとの同時申し込みなどは避けるようにしましょう。

三井住友銀行カードローン基本

第00位

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の口座がなくてもカードローンの申し込みが可能で、早い審査や融資対応が魅力です。

金利契約極度額審査時間所得証明
年4.0%~14.5%最高800万円最短30分300万円まで不要
来店不要でネットからの手続きができ、三井住友銀行の口座をお持ちでなくてもカードローンの申し込みが可能です。利用のためには口座が必要となりますが、カードローンとの同時手続きができるため、申し込み時点では口座がなくても問題ありません。利用にあたっては極度額300万円以内なら収入証明書が不要となり、ある程度の金額までであれば提出書類を多くせずに借りられるようになっています。
三井住友銀行カードローン
  • 平日も土日も早い審査

銀行の手続きは時間も手間もかかるイメージがありますが、三井住友銀行カードローンは最短30分の審査回答と早い手続きが魅力となります。平日でも土日でも審査回答時間内であれば最短30分の審査結果連絡となり、早めに審査結果を知りたい方にも適した借り入れ先となります。

適用される金利を知る

カードローン利用時に気になるのが金利で、三井住友銀行カードローンでは年4.0%~14.5%と大きな幅が持たれています。どの程度の金利が適用されるのかが気になる方も多いですが、三井住友銀行カードローンでは契約極度額ごとに適用される金利が分けられているので、借り入れ希望額に対応する金利を見れば、大体の金利水準が分かります。

契約
極度額
100万円以下 100万円超
200万円以下
200万円超
300万円以下
300万円超
400万円以下
金利 年12.0%~
14.5%
年10.0%~
12.0%
年8.0%~
10.0%
年7.0%~
8.0%
契約
極度額
400万円超
500万円以下
500万円超
600万円以下
600万円超
700万円以下
700万円超
800万円以下
金利 年6.0%~
7.0%
年5.0%~
6.0%
年4.5%~
5.0%
年4.0%~
4.5%

上記の表を見ながら、希望額が100万円以下であれば金利を年12.0%~14.5%の範囲で返済の計画立て、希望額が300万円超であれば年7.0%~8.0%の範囲で考えておけば、実際の借り入れに近い範囲での金利で計画が立てられます。

ただ、希望額が借りられるかは審査によって決まるため、申し込み内容や審査結果によっては、希望額を下回る高い水準の金利での借り入れとなる可能性もあります。希望額はあくまで希望となりますので、必ずその金額が借りられるわけではない点には注意が必要です。

毎月の返済金額も見ておく

三井住友銀行カードローンを計画的に使うのであれば、金利に加えて毎月の返済金額もしっかりと確認をしておきましょう。毎月の返済金額は極度額ではなく借り入れ残高によって決まるため、返済額を低く抑えたい場合には多くの借り入れをしないなどの工夫も必要となります。

借り入れ
残高
1万円未満
の場合
50万円以下
約定
返済金額
利息と借り入れの
合計額(1万円が上限)
10,000円
借り入れ
残高
50万円超
100万円以下
100万円超
150万円以下
150万円超
200万円以下
200万円超
250万円以下
約定
返済金額
15,000円 20,000円 25,000円 30,000円
借り入れ
残高
250万円超
300万円以下
300万円超
350万円以下
350万円超
400万円以下
400万円超
450万円以下
約定
返済金額
35,000円 40,000円 45,000円 50,000円
借り入れ
残高
450万円超
500万円以下
500万円超
600万円以下
600万円超
700万円以下
700万円超
800万円以下
約定
返済金額
55,000円 60,000円 65,000円 70,000円

大きな金額を借りなければ毎月の返済金額は大きくならないため、余裕のある金額で返済を進めたい場合には借り入れを多くしなければ良いです。例えば極度額が300万円超の契約であるとしても、借りる金額が1万円以上50万円以下の範囲内なら毎月の返済は10,000円となります。

少ない返済額となりますが、金利は借り入れ残高ではなく極度額によって決まっているので、大きな枠で契約がされていれば金利負担が抑えられます。50万円の借り入れとしても、極度額が50万円だと年12.0%~14.5%の金利となるのに対し、300万超の極度額内で同じく50万円の借り入れとした場合には、適用される金利は年7.0%~8.0%となるのです。

金利負担が抑えられればその分だけ利息の金額が減り、返済がしやすくなります。余計な利息負担なく完済まで進められますので、うまく負担が減らせるような借り方、使い方を考えてみると良いでしょう。

利用も便利なカードローン

借り入れに関する条件に魅力が多い三井住友銀行カードローンは、契約後のATMでの借り入れや返済の利用においても手数料負担が無い大きな魅力があります。

三井住友銀行のATMだけでなく、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンの各ATMでの借り入れや返済が手数料無料となるため、無駄なコストをかけずに利用ができます。

上記のそれぞれのATMなら曜日や時間を問わずにATM利用手数料が無料となり、急な出費でお金が必要になったときでも、素早く手数料負担を気にせずに借りられます。また、返済においてもお金に余裕があれば近くの対応するATMで任意の臨時返済ができますので、使いやすさの面でも三井住友銀行カードローンは優れているのです。

  • 返済を進めやすくなる臨時の返済

三井住友銀行カードローンでは毎月の約定返済以外にも、お金に余裕があれば任意による臨時の返済ができます。余剰金で多めに返済をしておけば残高が減らしやすくなり、その分だけ利息負担が軽減されていくので今後の返済も楽になります。

計画的に使いたいカードローン

信頼のメガバンクのカードローンである三井住友銀行カードローンも、利用におけるトラブルは避けたいものです。借り過ぎてしまって返済ができなくなるなどのことがあれば、信用情報機関に事故情報の記録がされるだけでなく、信用も大きく落としてしまいます。

信用を大きく落としてしまうと今後の三井住友銀行の利用にも悪影響を与え、保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供する各サービスにおいても同様です。カードローンはお金を信用で借りる契約となるため、しっかりと返せる範囲で計画的に使わなければなりません。

利用枠があるからと、まだ借りられるからと返済を考えずに借りてしまうと、毎月の返済で困ってしまうこととなります。返済に困って他社から借りるとなると更に翌月以降が苦しくなるので、余裕を持って毎月の返済ができるようにカードローンを利用しましょう。

計画的に使えば便利なカードローンも、借りすぎれば大きな負担となってしまいます。暮らしに借り入れを役立てるためにも、計画的に三井住友銀行カードローンを利用するようにしましょう。

トップへ戻る